サッシなどはそのままに、和室を洋室にリフォーム・高知県高知市

桧材を使用したカウンターと腰板(内装リフォーム)

受注のキッカケ

OBのお客様からのご紹介です

施工のポイント

築30年を経過し、和室が二間あったのですが、室内が暗く感じるようになった為、リフォームをご依頼いただきました。 尚、お客様のご要望につき、施工前の写真の掲載は控えております。

施工例写真

  • シンク前には桧材カウンターを設置し、腰板も桧材

    シンク前には桧材カウンターを設置し、腰板も桧材
  • キッチン

    キッチン
  • 天井・壁・床は新しく施工。サッシ建具などは以前の物をそのまま使用

    天井・壁・床は新しく施工。サッシ建具などは以前の物をそのまま使用
  • 耐震性も考慮し、新たに耐力壁を設置

    耐震性も考慮し、新たに耐力壁を設置
  • タイル貼のトイレも換装。床材にナラ、腰板に桧材を施工

    タイル貼のトイレも換装。床材にナラ、腰板に桧材を施工
  • タイル貼りのお風呂もユニットバスに変更

    タイル貼りのお風呂もユニットバスに変更
  • 玄関部の上がり框もタモ材にて施工

    玄関部の上がり框もタモ材にて施工
  • 作業風景

    作業風景

物件スペック

地域名 高知県高知市
築年数 30年